2016年3月アーカイブ

看護師友達から仕事の事で話しがあるとメールがありました。
電話をかけると、求人を募集しているけど働きにこない?と言うのです。
私の方こそ誰か人を探してるのに~と言ってふたりで大笑いです。
彼女も私と同じで訪問看護ステーションに勤めています。
規模的にも同じような感じかなぁ。
でも、友達の職場は職員数が4人いて全ての職員がフルで動いているようです。
訪問件数では私の職場とは大きな違いです。
それを知っていて、そんな所で働くのならまだうちが働きやすいはずと思って友達は声をかけてくれたんだと思います。
私も転職できるなら動きたいと思います。
が、患者さんも、私で無いと...と言ってくれているひとたちが居るので...ね。
しかし万が一転職で他のステーションに移動することになったらそう言ってくれている患者さんは声をかけて連れて行こうと決めてます。
なんて、言っててももしかしたら動くのが嫌な人もいるかもですけどね。
訪問看護ステーションの職員が転職する際の次の職が同じく訪問看護ステーションの場合には、それがあるんですよね。
患者さんを連れて辞めるって事がね~。
でも、それは仕方ないことなんですよね。
患者さんにすれば来てもらう人が慣れてる看護師がいいですからね。
その気持ちは分かります。
出て行かれる事業所には痛手ですけどね。

ベッドとか机のレイアウトを変えてみました。

そう、模様替えってやつです。
始めはただの掃除のつもりだったんですが、なんかいろいろやってたら楽しくなってきて、気づいたらベッドの位置とか変えちゃってました(汗)。
おかげで翌日は調剤業務に支障が出るくらい(?)の筋肉痛になってしまいました~(涙)。
やっぱり何もかも一人でやろうとしちゃダメですね・・・。
まあそれはいいとして、でも模様替えってやっぱり気分一新!で楽しいですね。
ベッドの位置を90度替えてみたので、最初の夜は階段の方向を間違えました(笑)。

あとはタンスの中の整理ができたらいいですね。
もう着ない服とかいっぱいあると思うので、調剤業務がお休みの日にまたじっくりできたらいいな~と思います。

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク